2010年05月20日

政倫審公開「どっちでもいい」=出席を明言―民主小沢氏(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長は17日の記者会見で、自らの資金管理団体の事件を弁明する衆院政治倫理審査会を公開で行うかどうかに関し「私自身はどっちでもいい。別に何にもないからどっちでもいい」と述べ、判断を避けた。小沢氏はまた、「別に出るのが嫌だというわけではない。それによってより国民が納得していただければ、それも一つの方法だと考えている」と出席を明言した。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜政府、5月決着を断念〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、3回目聴取で事件関与を改めて否定〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜

<本格ミステリ大賞>小説部門は歌野晶午氏と三津田信三氏(毎日新聞)
<宇宙の種>地球帰還後に所在不明 日本の会社が依頼(毎日新聞)
<普天間移設>滑走路300メートル拡幅案示す 官房長官(毎日新聞)
肝炎に感染、廃棄用の牛内臓を貯蔵・販売(読売新聞)
羽根が先勝=囲碁本因坊戦(時事通信)
posted by トキタ コウジロウ at 10:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。